【住宅ローンの比較情報】賢く比較検討することで、大きな違いが出るって知ってた?

 

住宅ローンは賢く比較することで負担を減らせるんです

住宅ローンを借りるということは、人生の一大イベントであり、なるべくなら失敗はしたくないものです。特に金利については、毎月の支払額にも総支払額にも影響を与えるものであり、なるべく安く借りたいものです。

ちなみに、現在は各情報誌に住宅ローンに関する記事が載っていることも多く、ファミリーマートなどのコンビニエンスストアでも簡単に関連する著書を手に入れることができます。ところで、持ち家と賃貸、どちらがいいかということは永遠のテーマですが、精神的な面でいうと、「優越感」ということでは持ち家を持っている人の方があるのではないでしょうか。

都心の超高級賃貸マンションを借りている場合などは別ですが、一般的には持ち家がある方が、社会的にも信頼されますし、家族の満足度も大きくなります。また、住宅ローン控除という面で税制上の優遇を受けることができ、超低金利ということもあって、住宅ローンを組んででも持ち家を取得した方が有利な時代ではあるようです。

住宅ローン借り換え大作戦:メリット・デメリットと実践的な進め方 | 審査や …

http://www.coventrymortgageservices.co.uk/
ランキングには載っていない『借り換えで人気の住宅ローン』とは?住宅ローン借り換えの【進め方】と【借り換え向きの金融機関】を徹底解説。

 
 

住宅ローンのシミュレーションは重要

住宅ローンは、ライフイベントのうちで最も大金が動く出来事だと思います。平均すると3000万円程度のお金を借りることになります。有担保ローンですので、金額の割には審査は厳しくないと言われていることもありますが、住宅の価値は急激に下がっていき、担保としての価値も下がるので、タイミングによっては担保割れすることもあり、審査はそれなりに厳しくなります。

また、審査に通るだけでなく、毎月の返済額や総返済額等をシミュレーションしてみて、負担が大きくなりすぎないようにしなければなりません。金融機関の審査に通ったということは、金融機関はあなたが返済できると判断したということですが、その基準はあなたが将来子供の教育にどれだけかけたいかや、生活レベルをどのくらいは維持したいかといったことは考慮されていないこともあります。金融機関の判断を信じるだけではなく、自分できちんと考えて、余裕を持って返済していけるような返済計画を立てることが重要です。

 

 

JAバンクから住宅ローンを借り換えるなら

私は、今年で就職して、3年目になります。 仕事帰り、スーパーで買い物をしていると、ある人に呼び止められました。私を懐かしい名前で呼ぶ人、それは、高校時代一番仲の良かった友人。風の便りに、高校卒業後、間もなく結婚したと聞いたが、全く、連絡を取っていなかった。

彼女は今では立派な専業主婦。食材の選び方から、調理の仕方まで教えてもらいました。会わないうちにだいぶ大人になった印象の彼女。実は、一昨年タワーマンションを買ったらしい! 今、JAバンク 住宅ローンでローンを組んでいる、とのこと。

彼女の大人びた印象も納得がいった。 家計のやりくりは彼女一人がやっているのだろう。そんな責任感。私も見習わなければならない。JAバンクなんて聞いたことがなかったから、どんな所なのだろう。たしかに、近くにもあるけど、銀行でもない。農協関係の所かと思っていたが、住宅ローンをやっていたとは・・・

なんでも、地域独立型なので、それなりに親身に住宅ローンを組む際も相談に乗ってくれたらしいけど ローンを組んでから、ネット銀行とかのほうが金利などもいいと知ったらしい… タワーマンションなだけに借り入れも高額なので金利が0.1%でも変わると大きいみたい。

ネットバンクにかぎらず、最近は住宅ローンの借り換えも競争が激化していて、また超低金利時代に突入しているから彼女の場合も借り換えたほうがいいのかな。何はともあれ、友達の頼みだからいろいろネットで借り換えのサイトを探してみました。とりあえず私が調べた中では、この住宅ローン借り換え大作戦、ってサイトが詳しくて勉強になりました♪

 

 

予算重視で住宅を購入するには

時限立法である租税特別措置法の中の制度である住宅ローン控除は、将来なくなるかもしれない制度です。とはいうものの、微妙に変化をとげつつその制度は更新され続けています。消費税増税の対策として、住宅ローン控除の制度は拡大されました。とはいってもこのご時世、住宅の取得についてもそうそう無駄なお金は使いたくないものです。

予算重視の住宅探しを行っている人も多いのではないでしょうか。そういう人にお勧めなのがリクルートグループが提供する住宅情報サイト「SUUMO」です。SUUMOには全国の土地や中古住宅などの不動産の情報、ハウスメーカーなどの情報が満載です。

リクルートグループという大規模な組織が運営するサイトということもあり、安心感は抜群です。各テーマごとに工務店を探すこともできます。予算重視で住宅を購入したいという人は、このSUUMOで安く、かつ高品質な住宅を建てるハウスメーカーを探してみるといいのではないでしょうか。

 

中古住宅の住宅ローン

現在は賃貸住宅だけど、「そろそろマイホームを購入したい」と思われている方もいらっしゃると思います。予算的なことを考えると、新築住宅よりも中古住宅の方が有利な場合が多いです。ただし、中古住宅を購入するに際して住宅ローンを借りる場合には留意するべき点があります。金利面で、新築住宅よりも不利な場合があるのです。また、借入期間が新築住宅よりも短くなる場合があり、同じ金額のローンを組んでも月々の支払いが多くなるということも考えられます。

また、住宅ローンでフラット35を利用する場合は「適合証明書」というものが必要になります。その住宅が一定以上の水準を満たすものであるという証明書ですが、物件によってはその基準を満たしておらず、住宅ローンを組めなくなるという場合も考えられます。このように、中古住宅は新築住宅よりも、購入価額は安くなりますが、住宅ローンを組むのに制限がある場合があるので、事前に不動産業者や金融機関に十分確認してください。

各金融機関のホームページにて、住宅ローンの商品説明がされています。ぜひ確認してみてください。なお、多くの場合PDFファイルをダウンロードする形式で商品の説明がなされますので、アドビシステムズのadobeacrobatDCをダウンロードを忘れないでください。

 

 

住宅の任意売却という選択

「住宅ローン控除もあるし、金利も安いから賃貸なんてばからしい、家を買おう」と意を決して住宅を購入したものの、ずさんな資金計画のために住宅ローンが払えなくなってしまったという人もいるのではないでしょうか。

そんな人はまず、銀行にいって住宅ローンの条件変更を申請してみてください。「遅れる前に申請する」というのが非常に重要なことです。また、今後も収入が上がる見込みはなく、返していくことは困難だという場合は任意売却を検討してみてください。任意売却をするためには、過去の契約書なども必要になってきますので、住宅に関する書類などは大切に保管しておいてください。

ところで、住宅に極端なカスタムをしている場合は法令に準拠した建物ではなくなってしまう可能性があり、売却が困難となってしまうこともあります。極端なカスタムとなることのないよう、リフォームする場合は信頼できる業者に頼むなどして法令に転職しないように気を付けてください。