ズバッと審査を通りたい時こそ

 

様々な理由でお金がどうしても足りないってことありますよね。それで、今すぐどうしても現金が欲しいってこともあるでしょう。そんな時にカードローンが便利なのですが、やっぱり審査が心配になってしまうと思います。

カードローンを行っている会社は、現在では山程あります。だから、審査が甘そうなところはどこだろうと、探してみたりなんかもしますね。しかし、極度に審査が甘い会社はありません。もしあれば、国の法律を守っていない違法な会社かもしれません。気をつけましょう。

でも、気をつけるだけなら何も解決しませんし、実際現在どうしても現金が必要ですよね。だから、たとえ違法な会社であろうと、ズバッと審査してもらって、手軽に現金を手に入れたいところでしょうが、そこはぐっとこらえてください。一度借りてしまったら、なかなか抜け出せないことになってしまいます。

現在はネットがある時代で、手軽に利用者の意見を見ることができるので、それを参考にして会社を選びましょう。

用途別のローンについて(その1)

ブライダルローンの早わかりメリットについて

結婚したいけれど、お金がないので結婚することができないという人が少なくない。極端なことを言ってしまうと、婚姻届を役所に提出すれば結婚することはできる。婚姻届を受理してもらうために費用を請求されてしまう心配などないから、無一文でも結婚できる。

でも、現実的なことを考えると、なかなかそうはいかない。親の希望や仕事の都合などがあるから、結婚式を挙げないわけにはいかないというケースがとても多い。また、新生活を始めるためにも何かとお金がかかる。年齢が若ければ、それだけ貯金額も少ないから、かなり厳しいのが実情だ。そんな時に有利に活用することができるのがブライダルローンだ。

このブライダルの早わかりメリットは、なんといっても金利の低さだ。ブライダルローンの早わかりメリットはたくさんあるが、普通のカードローンなどを利用するよりもはるかに低い金利でお金を借りられるというメリットが一番大きい。資金使途が結婚資金だけに限定されている代わりに、有利な条件でお金を借りることができるようになっている。借りたお金の使い道を証明するために、見積書や契約書などを提出する必要はあるが、審査の時間はあまりかからない。必要な金額をすぐに借りることができるので、若いカップルにはおすすめすることができる。

その金融機関、信頼できますか?

信頼できるかどうかを財務局で確認

サラ金の中には、中小企業も見られます。大手の会社だけではない訳です。そのような会社から借りるのを検討する方も、中には見られます。その場合は、会社の信用面に関する問題点が浮上する事もあり、財務局に掲載されているデータが調べられる事もあります。

というのも中小企業の場合は、果たして信頼できるかどうかを確認したいと思う事もあるからです。確かに一部の会社では何かの問題が生じているので、リボルビング払いなどを検討する方々にとっては、とても気になるポイントと言えます。

ところで前述の財務局では、金融企業に関する情報は色々と掲載されているのです。というのもその局では、問題を起こした企業に関する情報などは、常に明示をしています。つまりその局に書かれた会社の場合は、ちょっと警戒した方が良いと考えられる訳です。

またその局から認可を受けているか否かの問題もあります。ですので中小規模の会社から借りる時には、その局の情報を調べると良いでしょう。

おまとめローンの実力と審査通過する方法を大公開

私がおまとめローンを利用したのは、今から半年ほど前のことでした。それまでは、複数の消費者金融業者を利用していたので、返済日を忘れてしまったり、返済金額を把握するのが大変で、時には忘れてしまうこともありました。しかし、おまとめローンを利用することによってそれらの悩みから開放されたのです。

審査を受ける前に参考にしたのが、審査基準が大公開されているインターネットサイトでした。申し込みをするにあたって、どのようなことに注意をすれば良いのか、ローンの選び方などについても大公開されていました。ローンを利用するにあたっては、年収、債務残高、返済履歴の要素が重要であると言われています。条件を満たしている場合には、利用することが出来る可能性が高くなるとされているのです。これらの情報は様々なところで公開されているのですが、審査を通過することが出来ない人の共通点についても記載されている点が非常に参考になりました。

ローンと一口に言っても、借金として計算されるものとそうでないものがあるということは調べてみて初めて分かったことでもありました。情報を集めた上で、自分に合った業者を見付けるということが重要なのだと感じました。

お金借りる人が学生の場合

お金借りる人が学生の場合に便利なのが、学生向けローンです。条件としては、専門学校、短大、大学、大学院などに通っている20歳以上の学生(高校生は含まれません)で、アルバイトなどで少額でも定期収入があること。これを満たしていれば、お金借りるのが学生でもOKです。申し込みのための来店不要、ネットやスマホから申し込みができて、即日振込可能という会社もけっこう多くあります。最近は学生といえども免許取得、就活の準備、勉強の資料集めなどなど、何かとお金がかかります。

親に言ってお金を出してもらうにしても限度があり、そうたびたびというわけにはいきませんから、学生ローンを上手に利用することで学生生活をエンジョイしたいものです。しかし学生ローンとはいえ、あくまでも借金です。本当に必要な額はいくらなのか、それをどのくらいの期間で、一月にイクラ返していくのか、借りる前にじっくり確認しましょう。学生ローンを用意している金融会社は何社かありますが、会社によって利子や借入限度額は違います。

それらをよく比べて、自分にとってどの会社が一番ふさわしいのか決めてから申し込みましょう。また、どんな会社も安全というわけではありませんから、テレビCMなどでよく見聞きする、大手の会社を利用するように。名前も知らないような会社はちょっと怖いので気をつけましょう。「貸金業者登録番号」を持っているかどうかも、会社を見極めるポイントの一つですので、お金を借りる方法!即日で必要なども調べたりして確認するようにしましょう。